2017/10/18

2017年10月18日

奥秩父 笛吹川東沢鶏冠谷左俣

DAY.1 西沢渓谷入口駐車場〜鶏冠谷出合〜奥ノ飯盛沢出合〜二俣〜左俣三ノ沢出合〜木賊山〜戸渡尾根〜徳ちゃん新道〜西沢渓谷入口駐車場

今季最後の沢登りは、泳ぎが無くなるべく濡れない沢ということで鶏冠谷左俣へ。

始めはキラキラと輝く滝にはしゃいでいたけれど、徐々にそんなに楽な道ではないことに気付く。少し足を動かせば石が落ち、急な斜面には掴むものがない。わずかな草を地面ごと掴み、爪を立てて這いつくばるようにジワジワと進む。そんな道をロープで確保してもらいながら登り、トラバースし、たまに下降。

これは、、修行なのか、、、と内心思いながら、頼もしいお二人に導かれてなんとか稜線にでることができた。下山はヘッドランプを点けながら少し足早に…

体力的にはキツかったけれど、ふと現れる緩やかなナメ滝も紅葉もきれいだった。来年もまた沢に行きたいし、安全に楽しむためにもう少し成長していたいと思った。

2017/03/04

2017年3月4ー5日

赤岳 2899m

人数:5人

DAY.1 美濃戸口〜赤岳鉱泉

DAY.2 赤岳鉱泉〜行者小屋〜地蔵尾根〜赤岳〜地蔵尾根〜行者小屋〜美濃戸口

稜線に出た瞬間の、吹き飛ばされそうな強い風。頬に当たる雪の粒の冷たさ。

時間差で手元に届いたフィルムの写真を見返すと、全部が既に愛おし過ぎる思い出になっていて、

つらいと思ったことさえ忘れているのだから、また懲りずに登りに行ってしまうのだと思う。

眩しくて透き通った景色が、ずっと頭から離れない。

この山行のハンカチはこちら。

H0050 https://mtcollector.theshop.jp/items/7868018

2017/01/29

2017年1月29日

西穂高岳(独標) 2701m

人数:6人

DAY.1 新穂高ロープウェイ〜西穂山荘〜西穂独標〜西穂山荘〜新穂高ロープウェイ

日帰りで西穂独標まで行ってきました。

天気は曇り。西穂山荘から上は強風で、時折耐風姿勢を取りながら進みます。

空がどんどん重くなってきたので、独標のピークに立って、そそくさと下山。

西穂山荘の雪だるまが想像以上に巨大で、笑ってしまいました。

2016/10/22

2016年10月23ー24日

黒部峡谷/下ノ廊下

人数:4人

DAY.1 欅平〜水平歩道〜阿曽原温泉小屋(テント泊)

DAY.2 阿曽原温泉小屋〜下ノ廊下〜黒部ダム

この山行のハンカチはこちら。

H0041 https://mtcollector.theshop.jp/items/5781595

H0042 https://mtcollector.theshop.jp/items/7867930

シルクスカーフはこちら。

S0042 https://mtcollector.theshop.jp/items/5878096

2016/09/09

2016年9月9ー11日

立山(雄山 3003m、大汝山 3015m、富士ノ折立 2999m)、奥大日岳 2611m、大日岳 2501m

人数:2人

DAY.1 室堂〜雄山〜内蔵助山荘(泊)

DAY.2 内蔵助山荘〜別山〜剱御前小舎〜奥大日岳〜大日小屋(泊)

DAY.3 大日小屋〜大日岳〜大日平山荘〜大日岳登山口

この山行のハンカチはこちら。

H0049 https://mtcollector.theshop.jp/items/7867998

2016/09/02

2016年9月3ー4日

剱岳 2999m

人数:5人

DAY.1 室堂〜剱御前小舎〜剱沢キャンプ場(テント泊)

DAY.2 剱沢キャンプ場〜別山尾根〜剱岳〜室堂

この山行のハンカチはこちら。

H0048 https://mtcollector.theshop.jp/items/7867981

2016/07/16

2016年7月17ー18日

白山

人数:10人

DAY.1 平瀬堂登山口〜白山室堂〜南竜ヶ馬場野営場(テント泊)

DAY.2 南竜ヶ馬場野営場〜白山室堂〜御前峰〜お池巡り〜平瀬堂登山口

この山行のハンカチはこちら。

H0047 https://mtcollector.theshop.jp/items/7867968

2016/07/07

2011年8月5 - 6日

アウトドアメーカーに就職した夏、同期に誘われて初めての「アルプス」である燕岳に登りました。

これまでに登ったのは高尾山と富士山くらい。

わけもわからず言われるがままに道具を揃え、足りないものは借り、

(今思えば)謎に重いザックを担いで山に入りました。

千葉で生まれ育った私にとって、北アルプスの山並みは衝撃でした。

山がこんなに連なっているということを知らなかったからです。

登っている道中はつらくてあまり覚えていませんが、この景色は妙に鮮明に覚えています。​

山中では北アルプス三大急登に打ちのめされ、初めてのテント泊はトイレの目の前、

夜中に痙攣を起こした人(別のパーティ)のうめき声が聞こえ怖くなって少し泣いたり、

あまり良くない記憶のほうが色濃く残っています。

それでもなぜか、懲りずに山に登り続けました。

​あの山の景色と、キンと冷えた空気を忘れられなかったからかもしれません。

2016/05/07

2016年5月7ー8日

立山(雄山3003m、大汝山3015m)

人数:6人

DAY.1 室堂〜雷鳥沢ヒュッテ(泊)

DAY.2 雷鳥沢ヒュッテ〜室堂〜雄山〜大汝山〜室堂

この山行のハンカチはこちら。

H0046 https://mtcollector.theshop.jp/items/7867958

2016/02/06

2016年2月7日

安達太良山 1699m

人数:4人

DAY.1 奥岳登山口〜安達太良山〜くろがね小屋〜奥岳登山口

2日目の朝は奥岳登山口へ。

スキー場のリフトで少し標高を稼ぎ、安達太良山を目指す。

山頂は吹雪で展望はなかったが、

そのかわり、雪に埋もれて春を待つ、シャクナゲの健気な姿が印象に残っている。

この山行のハンカチはこちら。

H0045 https://mtcollector.theshop.jp/items/6096846

Please reload

A R C H I V E
-----
Please reload

S E A R C H   B Y   T A G
 
-----