初めての「アルプス」

2016/07/07

2011年8月5 - 6日

 

アウトドアメーカーに就職した夏、同期に誘われて初めての「アルプス」である燕岳に登りました。

 

これまでに登ったのは高尾山と富士山くらい。

 

わけもわからず言われるがままに道具を揃え、足りないものは借り、

 

(今思えば)謎に重いザックを担いで山に入りました。

 

 

 

千葉で生まれ育った私にとって、北アルプスの山並みは衝撃でした。

 

山がこんなに連なっているということを知らなかったからです。

 

登っている道中はつらくてあまり覚えていませんが、この景色は妙に鮮明に覚えています。​

 

 

 

山中では北アルプス三大急登に打ちのめされ、初めてのテント泊はトイレの目の前、

 

夜中に痙攣を起こした人(別のパーティ)のうめき声が聞こえ怖くなって少し泣いたり、

 

あまり良くない記憶のほうが色濃く残っています。

 

 

 

それでもなぜか、懲りずに山に登り続けました。

 

​あの山の景色と、キンと冷えた空気を忘れられなかったからかもしれません。

 

 

Please reload

N E W   P O S T

2017/04/06

2017/03/04

2017/01/29

Please reload

A R C H I V E
Please reload

S E A R C H  B Y  T A G

© 2016 MOUNTAIN COLLECTOR