燕岳

2015/10/10

 

2015年10月10日ー11日

 

燕岳 2763m

 

山行目的:晩秋の燕岳と燕山荘を楽しむ

 

人数:2人

 

DAY.1 中房温泉〜合戦小屋〜燕山荘〜燕岳〜燕山荘(小屋泊)

 

DAY.2 燕山荘〜合戦小屋〜中房温泉 → 松本観光

 

 

「初めてのアルプス」であった燕岳に、4年ぶりに登ってきました。

 

私は富山から、友人は東京から。(本当はもう1人一緒に行くはずだったのだけど、風邪をこじらせてしまったようで、残念ながら今回はお休み。)

 

当日の朝は電車とバスを乗り継がなくてはいけないため、松本で前泊をしました。

 

10月の松本の朝は少し肌寒く、駅のスタバで買ったホットコーヒーを飲みながら、電車に揺られ、穂高駅へ。

 

友人は、憧れの燕岳に心躍っている様子。

 

すでに紅葉の時期は過ぎていたため、あまり人にもすれ違わず静かな山歩き。

 

それでも合戦小屋より下のほうでは、まだまだ紅葉が楽しめました。

 

じわじわと急坂を登りながら、やっぱり北アルプス三大急登だね〜、と何度も言い合って、ゆっくりと高度をかせいでいきます。

 

やがて、燕山荘に到着。先に宿泊の受付を済ませ、身軽になってから頂上アタック。

 

稜線の風は冷たく強く、涙が流れるけれど、頂上へ向けて足を進めるたびに表情を変えていく燕岳からは目が離せませんでした。

 

小屋に戻ると、夕食はハンバーグ!(大好物)

 

大勢の宿泊客でにぎわう食堂で、温かい食事をかみしめていただきました。

 

その夜は予報通り風が吹き荒れ、部屋の窓は割れんばかりに震え、怯えながら眠れない夜を過ごしました。

 

翌朝。早々と朝食を済ませ、防寒着をしっかりと着込んで下山開始です。

 

小屋を出たときには暴風+みぞれが降っていましたが、少し歩くと雨に変わり、ここからは下るだけ。

 

雨の下山はいつもモチベーションを保つのが難しいので、心を無にして黙々と歩きました。

 

中房温泉に到着すると雨は止んだので、アイスを食べて温泉に入り、午後からはたのしい松本観光となりました!

 

 

 

この山行のハンカチはこちらからご覧いただけます。

H0039 https://mtcollector.theshop.jp/items/3743344

H0040 https://mtcollector.theshop.jp/items/3557374

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

N E W   P O S T

2017/04/06

2017/03/04

2017/01/29

Please reload

A R C H I V E
Please reload

S E A R C H  B Y  T A G

© 2016 MOUNTAIN COLLECTOR